JICA/ネパールに道路トンネル建設で物流網を円滑化

2016年12月26日 

国際協力機構(JICA)は12月22日、ネパールの首都カトマンズでネパール政府との間で「ナグドゥンガ・トンネル建設事業」を対象として、166億3600万円を限度とする円借款貸付契約に調印したと発表した。

<位置図>
位置図

事業は、ナグドゥンガ峠において、ネパールで初となる山岳道路トンネルを建設するもので、約2.5kmのトンネル(2車線)の建設を進める計画。

ナグドゥンガ峠を通過する時間(現状:東方向で30分、西方向で20分)が約3分の1に短縮され、人や物の移動が円滑になることで、地域の社会・経済発展に貢献することが期待される。

ネパールは、国土の約8割が山岳地帯の内陸国であり、人や物の移動の多くを道路に依存するとともに、輸出入の約6割を陸続きの隣国インドに依存している。

インドからの物資は、インド国境であるビルガンジから、ナラヤンガート、ムグリン、ナグドゥンガを経由し、首都カトマンズに至る道路により輸送されており、この路線はインドとの陸上交易の約6割を担う重要路線となっている。

一方で、同路線のカトマンズから約15kmのところに勾配10%以上の急峻なナグドゥンガ峠(標高800m~1500m)があり、急な勾配やカーブにより慢性的な交通渋滞が発生することから、年率約6%のペースで交通量が増加していると言われるナグドゥンガ峠のスムーズな通行が物流の大きな課題となっていた。

貸付資金は、トンネル、アクセス道路、橋梁等の建設・整備にかかる土木工事とコンサルティング・サービス(詳細設計、入札補助、施工監理、運営・維持管理能力強化等)に充当される。

最新ニュース