イーソル/物流センターのフォークリフト業務をペーパーレス化

2016年12月22日 

イーソルは12月22日、水野産業の関東物流センターにフォークリフト向け「タブレット端末ホルダ」、「モバイルプリンタホルダ」、「電圧変換ボックス」が採用されたと発表した。

<利用概要>
利用概要

低価格の汎用タブレット端末やモバイルプリンタを、フォークリフトに安全に取り付けられるようになり、ハンディターミナルと紙に印刷された業務指示書による従来の運用に対し、タブレット端末上で業務指示を確認できるペーパーレス化を実現した。

水野産業は、外食サービス向け容器・包材卸売を展開している。

大規模な物流現場では、新システムのタブレット端末の導入により、旧運用システムで利用していたハンディターミナルに比べて、表示できる情報量が、大幅に増えたため、紙に印刷された業務指示書が不要になりペーパーレス化を実現するとともに、フォークリフトに端末を取り付けることで円滑な業務遂行を可能にし、業務効率化が図れた。

イーソルは、搭載する端末の種別を問わず、低コストで搭載できる製品・サービスを開発し、様々な課題を解決するフォークリフト向けソリューションとして提供している。

タブレット端末ホルダおよびモバイルプリンタホルダは、イーソルが長年培ってきた耐環境技術を注入し、フォークリフトの激しい振動にも耐え得る構造になっている。

取り付けるフォークリフト車種を限定せず、様々な端末に対応できる。

ユーザは業務の運用方法や開発・メンテナンスのコストに合わせて自由に端末を選択し、柔軟性の高い運用システムを構築できるだけでなく、フォークリフト専用端末などに比べて、低コストで導入できる。

電圧変換ボックスは、DC12V~72Vまでのフォークリフト搭載バッテリに対応しており、端末に合わせた電圧変換が可能で、フォークリフト上の電源配線のノイズ対策により、タブレット端末とモバイルプリンタに安定した電源供給を行える。

■フォークリフト専用電圧変換ボックス/端末ホルダ
http://www.esol.co.jp/logistics/forklift.html

■問合せ
イーソル
ロジスティクスエンジニアリング事業部
TEL:03-5302-0670
le_mail_toiawase_12@esol.co.jp
http://www.esol.co.jp/

最新ニュース