三菱商事/LNG船共同保有事業推進、米国キャメロンLNGプロジェクトで

2016年12月22日 

三菱商事は12月22日、東邦エルエヌジー船舶、東北電力、日本郵船との合弁会社DLS-3社を通じて、米国キャメロンLNGプロジェクト向けのLNG船1隻を共同保有すると発表した。

<LNG船>
LNG船
※提供:三菱重工船舶海洋

三菱商事は、2015年12月に(MI LNGカンパニーと船舶建造契約を締結し、併せて100%子会社のDGI社と定期傭船契約基本合意書を締結した。

その後、東邦エルエヌジー船舶、東北電力、日本郵船との本船の共同保有を前提に、今年5月に、船舶保有会社としてDLS-3を設立していた。

共同保有者となる4社が関係当局から事業認可を取得し、東邦エルエヌジー船舶、東北電力、日本郵船がDLS-3へ出資参画した事を受け、船舶建造契約と定期傭船契約合意書をDLS-3社に譲渡した。

日本郵船との米国合弁事業会社を通じて出資する米国キャメロンLNGプロジェクトから生産されるLNGを、DGIを通じて東邦ガスと東北電力に販売する予定で、本船は2019年(予定)の竣工後、両社へのLNG輸送に従事する。

■LNG船保有会社の概要
社名:Diamond LNG Shipping 3 Pte. Ltd.
設立国:シンガポール
事業目的:LNG船の保有ならびにLNG輸送事業
共同保有比率:三菱商事40%、東邦エルエヌジー船舶10%、東北電力10%、日本郵船40%

最新ニュース