日本郵船/2016年グループ重大ニュース発表

2016年12月21日 

日本郵船は12月21日、2016年に発表した日本郵船グループの重大な出来事をまとめ、発表した。

1. 「新しい時代の日本郵船グループ」をつくる
内藤社長メッセージ(1月、10月)「グループ一丸となって未曽有の荒波を乗り越え、新たな優位性の追求へ」
定期コンテナ船事業の統合を決定(10月) さらなる高品質かつ競争力のあるサービスの提供を目指して、川崎汽船、商船三井と定期コンテナ船事業統合に関する契約を締結

2.創意工夫による「きらり技術力」で差別化
世界初のDual Ratingシステムを採用(2月) 業界最高水準の省エネ性能をもつ14,000TEU型コンテナ船が竣工
海運、物流分野の新たなソリューション開発・提供(3月)シンガポールにSymphony Creative Solutions 社を設立
環境課題を成長へのチャンスに転換(9月) 世界初となるLNG燃料の自動車専用船が竣工

3. 海上輸送だけにとどまらず「More Than Shipping」を力強く推進
海洋事業で業容を拡大(3月、7月、9月) 3基のFPSOが稼働を開始
自動車物流の海外拠点を増強(10月、12月) ケニア、ベトナムで完成車物流会社の設立に合意
LNG燃料に対する知見、ノウハウを集積(9月) 船舶向けLNG燃料供給・販売に関するブランド「GAS4SEA」の立ち上げ
ターミナル事業で新たな安定収益を確保(8月)インドネシア・ジャカルタの新コンテナターミナルが操業開始(11月) 米国・ニューヨーク/ニュージャージーのコンテナターミナルへ出資

4. 資源・エネルギーの長期安定輸送に貢献
お客さまに寄り添う安全・確実な「モノ運び」(1月) 中国電力向け石炭運搬船が竣工(1月) 北越紀州製紙と木材チップ専用船の長期輸送契約を締結(6月) アストモスエネルギー(株)のLPG輸送で新パナマ運河を初の商用通航(12月)インドPetronet LNG社向けLNG船が竣工

5. 社会から認められた活動
CSR(8月)「氷川丸」が国の重要文化財に指定(9月) 国連総会「Global Goals Week」講演で当社の取組みが紹介
環境(2月) フランスの港湾当局から邦船社で唯一「ESIアウォード」を受賞(6月) 日本初のLNG燃料タグボート「魁(さきがけ)」が「物流環境負荷軽減技術開発賞」を受賞
きらり技術力(6月) IoT・ビッグデータの活用で海運業初の「攻めのIT経営銘柄2016」に選定(7月) LNG燃料タグボート「魁」がシップ・オブ・ザ・イヤー2015「技術特別賞」を受賞

最新ニュース