ウケトル/再配達問題を解決するアプリに舟納豆オンラインショップ登場

2016年12月20日 

ウケトルは12月20日、丸真食品が運営する舟納豆(ふななっとう)オンラインショッピングサイトが、再配達問題を解決するアプリ「ウケトル」でショップ連携を開始したと発表した。

舟納豆は、 賞味期限が短い日配品の納豆をオンラインで販売しており、 品質の高いうちに届けたいというニーズに、ウケトルの「ワンクリック再配達依頼」機能や「すぐそこ通知」機能を提供することで応える。

また、「荷物の自動追跡」により、荷物の場所が可視化されることで、受取がスムーズになり、おいしい納豆を新鮮な状態で食卓に並べることが可能になる。

さらには、「商品の再購入」機能により、スマホから簡単に再注文ができるようになり、リピート顧客の増加が見込まれるとしている。

なお、年間の宅配物流量は、約37億個ある。そのうちの約20%である7億個以上の荷物が再配達になっている。

この再配達問題は、「ドライバー人材不足が叫ばれていながら、 9万人の労力をかけている」「トラック走行距離の25%を使い、 山の手線2.5個のスギ林のCO2排出量を無駄にしている」「2600億円もの無駄なコストが、 最終的に消費者が負担している」という大きな問題。

さらには、2001年から2015年で11億個も増加(26億個→37億個)しており、 年間60億個時代へと加速している。今後、既存事業者だけでは運べなくなる事態も起こり得るため、早期に再配達を減らさなければならないとしている。

最新ニュース