東芝/ロシア郵便と郵便・物流システム事業で戦略的協業

2016年12月16日 

東芝は12月16日、ロシア郵便(Russian Post)向けの小型小包処理装置(MPS)を2式受注したと発表した。

<覚書を交わすロシア郵便総裁 ドミトリー・シュトラシュノフ氏と東芝の秋葉副社長>
覚書を交わすロシア郵便総裁 ドミトリー・シュトラシュノフ氏と東芝の秋葉副社長

受注金額は2式で約12億円。

ロシアでは、インターネットショッピングの普及により海外通販市場が急速に拡大しており、2016年は国際貨物の市場規模が前年と比較して2倍に増えている。

特に小型小包の輸入量が増加。このMPSの納入により、同国際交換局における小型小包の処理能力を向上させると共に、年末の繁忙期への対応する。

MPSは、ロシア郵便のモスクワ国際交換局とノボシビルスク国際交換局に各1式ずつ納入され、年内に稼動を開始する予定。

東芝は、ロシア郵便との郵便・物流システム事業における戦略的協業のために覚書を締結した。

締結した覚書は、今年9月にウラジオストクでロシア郵便と締結した覚書を拡張するもの。

東芝が、モスクワ国際郵便局での実績を活かし、ロシア郵便の運用改善にも貢献していくこと等が盛り込まれ、両社は戦略的パートナーとして関係を更に強化する。

なお、東芝は2014年にモスクワ国際交換局向けの郵便物自動処理システムを受注し、2014年末から順次稼働している。

このシステムは、東芝製の郵便区分機や小包ソータ、税関システムなどで構成されており、さまざまな大きさの小包や郵便物の処理を自動化し、機器や作業員の配置や動線を最適化することで、小包・郵便物の処理能力の向上を実現し、高い評価を得ている。

なお、このシステムは、ロシア郵便による物流ハブ自動化の案件として位置付けられているものであり、システム及び関連事業に関する東芝累計受注額は約65億円。

最新ニュース