インフォセンス/WMSでイシダの物流分野向けソリューション製品と連携

2016年12月16日 

インフォセンスは12月16日、倉庫管理ソフトウェアパッケージ「ZIZAIA(ジザイア)WMS」で、イシダが提供する物流業界向けソリューション製品との連携を開始したと発表した。

インフォセンスが提供している倉庫管理ソフトウェアパッケージ「ZIZAIA(ジザイア)WMS」とイシダが提供している計量検品機能搭載・ピッキングカート「さいまるカート」を始めとした各種製品との間での連携がスムーズに実現され、変化めまぐるしい物流現場ニーズへ迅速に対応できるようになる。

「ZIZAIA(ジザイア)WMS」は、新発想のフレームワークにより、顧客の業務効率を高めるパッケージ変更を低コスト・短納期で行うことが可能。顧客の2つの効率(導入効率&業務効率)を追求した倉庫管理ソフトウェアパッケージしたものがZIZAIA(ジザイア)WMS。

倉庫現場のあらゆるニーズにも柔軟に対応し、シンプルなライセンス方式、各種マテハン機器との連携、優れた操作性が特徴だ。

計量検品機能搭載・ピッキングカート「さいまるカート」は、スキャン検品・計量検品、カラータッチパネル、ラベルプリンタを1台に集約。

複数店舗同時仕分けで、少人数で数多くの仕分け処理が可能で、出荷精度を飛躍的に向上させたカートシステム。短期間でシステム稼動でき、めまぐるしく変化する物流環境にも柔軟に対応する、コストパフォーマンスにすぐれた仕分けシステム。

最新ニュース