JR貨物/11月のコンテナ貨物輸送量2.7%増

2016年12月13日 

日本貨物鉄道(JR貨物)が12月13日に発表した11月の輸送動向によると、コンテナ貨物の輸送実績は194万5000トン(前年同月比2.7%増)、車扱は81万4000トン(11.2%増)となった。

今月は、福島県沖地震ならびに鹿児島線架線切断などの影響により、月全体では高速貨55本、専貨6本が運休となった(前年は高速貨20本が運休)。

台風10号の影響で不通となっている石勝線・根室線については、引き続きトラック・船舶による代行輸送を実施した。

コンテナは、トラックドライバー不足により鉄道へのシフトが続いている積合せ貨物が、特に関東・関西地区において好調となった。

自動車部品が熊本地震で被災した現地工場の復旧及び自動車販売台数の増加に伴い増送となったほか、化学工業品も前年を上回った。

更には食料工業品が飲料を中心に増送となったほか、エコ関連物資が北海道内での建設発生土輸送が堅調に推移し前年を上回った。

一方、農産品・青果物が台風10号の被害を受け、北海道地区からの野菜類・馬鈴薯が減送となったことに加えて、東北・新潟・北陸地区からの民間流通米輸送が低調に推移したことにより前年を下回った。その結果、コンテナ全体では、前年比2.7%増となった。

車扱は、石油が関東地区で記録的に早い積雪を観測するなど、気温低下に伴い灯油を中心に好調な荷動きとなり、車扱全体では前年比11.2%増となった。

コンテナ・車扱合計では、前年比5.0%増となった。

最新ニュース