DHLジャパン/均等・両立推進企業表彰で厚生労働大臣優良賞を受賞

2016年12月13日 

DHLジャパンは12月13日、厚生労働省の表彰制度である2016年度「均等・両立推進企業表彰」にて、均等推進企業部門 厚生労働大臣優良賞を受賞したと発表した。

<古屋範子厚生労働副大臣(中央)より表彰を受けたDHLジャパンの遠藤明執行役員人事本部長(右)>
古屋範子厚生労働副大臣(中央)より表彰を受けたDHLジャパンの遠藤明執行役員人事本部長(右)

DHLジャパンでは女性の活躍を推進するため、2014年4月よりWIL(Women in Leadership)プロジェクトを全社展開してきた。さまざまな取組みの結果、女性従業員数やキャリアアップを目指す女性の数が増加している点が評価され、今回の受賞に至った。

女性の活躍を推進するために行っている主な取組みのメンタリングプログラムは、有志の女性従業員をメンティー、経営陣をメンターとしたメンタリングセッションを6か月間実施し、女性従業員のキャリア形成を支援している。

キャリア開発ワークショップでは、非管理職の女性従業員を対象とし、女性管理職を招いて仕事のやりがいやワークライフバランスの取り方などについて話し合うパネルディスカッションと、自身のキャリアを振り返るアクティビティを実施し、女性従業員にキャリアを考える機会を提供している。

WIL(Women in Leadership)コミッティでは、女性活躍推進に関心のある有志の従業員から成るコミッティで、女性管理職との座談会開催、ニュースレター配信、意識調査などの分科会活動を行っている。

均等・両立推進企業表彰は、「女性労働者の能力発揮を促進するための積極的な取組」又は「仕事と育児・介護との両立支援のための取組」について、他の模範ともいうべき取組を推進している企業を厚生労働省が表彰するもの。

最新ニュース