京急/オープン型宅配便ロッカー5駅に設置

2016年12月12日 

京急グループの京急ステーションコマースは12月12日、オープン型宅配便ロッカー「PUDOステーション」を京急線の5駅5か所に設置し、12月15日からサービスを開始すると発表した。

<ロッカーのイメージ 屋外型>
ロッカーのイメージ 屋外型

<屋内型>
屋内型

<荷物取り出しの様子>
荷物取り出しの様子

ヤマト運輸とネオポスト・シッピング社の合弁会社であるパックシティ・ジャパンがサービスを提供している。

オープン型宅配便ロッカー「PUDOステーション」は、自宅で荷物を受取ることの出来ない場合に、宅配便受け取り先として、受け取りたい時間に、受け取りたい場所で、宅配ボックスとして利用できるサービスで、顧客にさらなる利便性と快適さを提供するとともに、多様化するライフスタイルに対応し、社会的な諸課題の解消にも寄与するもの。

今後は、順次設置場所を増やしていき、住みよい京急沿線を目指すとしている。

■概要
設置場所:平和島駅改札外、京急川崎駅中央口改札、金沢文庫駅西口改札外階段下、六浦駅改札外正面、神武寺駅改札外駅前広場
利用開始日:12月15日(木)始発から
利用可能時間:設置される駅の始発から終電まで
利用対象:ヤマト運輸の「クロネコメンバーズ」登録済み

最新ニュース