日立物流/国土交通大臣が千葉県野田市の物流センターを視察

2016年12月09日 

日立物流は12月9日、国土交通省の石井大臣と重田物流審議官が、12月3日に千葉県柏市、野田市の物流センターを訪問したと発表した。

<ウェアラブルデバイスを活用した作業支援システムの体験>
ウェアラブルデバイスを活用した作業支援システムの体験

<無人搬送車の活用によるピッキング作業を視察>
無人搬送車の活用によるピッキング作業を視察

<RFIDタグを活用した作業管理方法についての説明>
RFIDタグを活用した作業管理方法についての説明

<視察後の記念撮影>
視察後の記念撮影

柏市の物流センターでは、RFIDタグの活用により処理能力を大幅に高めた通販の出荷作業を見学、野田市の物流センターでは、無人搬送車「Racrew(ラックル)」が保管棚を自動的に搬送する省人化されたピッキングシステムを見学した。

また、日立物流が推進するスマートロジスティクスの紹介のほか、導入を検証中である仕分け作業支援システムのメガネ型ウェアラブル端末も体験した。

最新ニュース