東急/たまプラーザ駅周辺のグループ各施設でネット商品受取

2016年12月07日 

東京急行電鉄(東急電鉄)と東急ストアは12月8日、東急ストアネットスーパーの商品を田園都市線たまプラーザ駅周辺の東急グループ各施設で受け取ることができるサービスを試験的に開始する。

<受け取りイメージ(たまプラーザテラスインフォメーション)>
受け取りイメージ(たまプラーザテラスインフォメーション)

新たに、たまプラーザ駅北口バスターミナルに設置した「ネットスーパー受け取り用冷蔵ロッカー」、「たまプラーザ テラス インフォメーション」、「イッツコムスポット たまプラーザ テラス」が、商品の受け取り場所として加わる。また、学童保育「キッズベースキャンプα たまプラーザ」やスポーツクラブ「アトリオドゥーエ たまプラーザ」、デイサービス「オハナ たまプラーザ」を利用する人は、各施設でも商品を受け取れるようになる。

受け取り場所として東急グループの各施設を加え、商品の注文時に受け取り方法や時間を指定することで、顧客は、さまざまな生活動線上で商品を受け取ることができるようになる。

東急ストアネットスーパーは、インターネットで注文した東急ストアの商品を、東急電鉄のホーム・コンビニエンスサービス「東急ベル」の「ベルキャスト」(配送スタッフ)が顧客の自宅へ届けるサービス。

昨今の、宅配商品の受け取り方法多様化での顧客のニーズに応えるため、2016年1月からは、東横線綱島駅に「ネットスーパー受け取り用冷蔵ロッカー」を設置し、注文した商品を駅構内で受け取ることができるサービスを開始している。

<受け取り場所>
受け取り場所

関連記事

最新ニュース