日立物流/グローバル事業戦略について討議、SGHDとのプロジェクトも

2016年12月07日 

日立物流は12月7日、11月29日と30日、本社において「Expanded Global Business Meeting2016(EGBM2016)」を開催したと発表した。

<中谷社長によるスピーチ>
中谷社長によるスピーチ

<ディスカッションの様子>
ディスカッションの様子

社長以下、担当役員、海外4極(北米・欧州・中国・アジア)代表者、海外法人責任者、国内コーポレート・セールススタッフ、プロフィットセンター長を含め、総勢120名が出席し、グローバル事業戦略について討議した。

4月からスタートした中期経営計画のグローバル事業戦略の柱となる「海外3PL事業の強化」や「フォワーディング事業の拡大」等の取り組みについて、各極での計画達成に向けた成長戦略や推進状況に関して活発なディスカッションを行った。

また、SGホールディングスグループとの協創プロジェクト、事例紹介や日立物流スマートロジスティクス新技術を活用した最新導入事例の紹介なども行われ、中計達成に向けた様々な取り組みについての情報共有も行われた。

グループでは、グローバルサプライチェーンにおいて、最も選ばれるソリューションプロバイダをめざし、さまざまな「協創」を通じた課題の解決と「価値」の創出に取り組み、持続的な成長を実現していくとしている。

<出席者>
出席者

EGBMは2010年より毎年開催され、7回目の開催。

最新ニュース