SAS/需要予測・在庫最適化のための統合ソリューション最新版を提供

2016年12月07日 

SAS Institute Japanは12月7日、AI(人工知能)の技術を融合し、需要予測から在庫最適化までの一連の機能を強化した「SAS for Demand-Driven Planning and Optimization」の最新版を、国内で提供開始したと発表した。

<SAS for Demand-Driven Planning and Optimization>
SAS for Demand-Driven Planning and Optimization

SAS for Demand-Driven Planning and Optimizationは、需給計画業務に必要な全ての機能、需要シグナルの分析・探索、需要予測、需要予測のコンセンサス、在庫最適化・補充計画、サプライチェーン全体の評価を単一基盤上で提供する統合ソリューション。

精度の高い需要予測と在庫の最適化と自動化、さらには、需給計画業務における体系的な意思決定プロセスを実現するための基盤を提供する。

メリットは市場変化に俊敏に対応可能な高い精度の需要予測を実現、AI(人工知能)技術と人間の判断プロセスの融合により、新製品の需要予測の精度を向、サプライチェーン全体の在庫最適化機能により、発注業務におけるマニュアル作業を大幅に削減、ビジネスユーザー向けの使いやすいインターフェイスを備えた統合ソリューションによるROIの最大化等を挙げている。

SASの需要予測ソリューションは、1976年の創業以来SASが最初に提供を開始したソリューション。現在、グローバルではネスレ社をはじめとする1万7000社が導入しており、日本国内でも、流通・小売業、製造業、運輸業、通信業など、幅広い業界の各種企業で活用されている。

最新ニュース