アマゾン/川崎の新物流拠点でアマゾン ロボティクスを公開

2016年12月06日 

アマゾンは12月6日、川崎市に国内で13か所目の新物流拠点「アマゾン川崎FC(フルフィルメントセンター)」で、国内初導入となるAmazon Robotics(アマゾン ロボティクス)を公開した。

<アマゾン ロボティクス(可動式の商品棚とドライブ)>
アマゾン ロボティクス(可動式の商品棚とドライブ)

国内アマゾン ロボティクスは、「可動式の商品棚」とその商品棚を動かす「ドライブ」から成り立ち、入荷商品の「棚入れ」と顧客の注文商品の「棚出し」の工程を担う。

自動的に従業員の元へ棚を搬送することで、商品入荷から出荷までの工程処理時間の短縮、効率化が可能になった。

12月6日から12月12日まで開催する1週間のビッグセール「サイバーマンデーウィーク 2016」の初日に公開した。

「サイバーマンデーウィーク 2016」では選りすぐりの人気商品2万点以上を値打ち価格で販売。さらに期間中、Amazonプライム会員の顧客だけが参加可能な「特選タイムセール」には、半額以下の売れ筋商品が続々登場する予定だ。

アマゾンジャパンの社長で物流とカスタマーサービス事業を統括しているジェフ ハヤシダ氏は「川崎FCでアマゾン ロボティクスを導入したことにより、年々、顧客からの注文が増加傾向にある『サイバーマンデーウィーク』においても、さらに高い配送品質で顧客に商品を届けられることを大変嬉しく思う。『地球上で最も顧客を大切にする企業であること』というビジョンに基づき、引き続き物流体制の強化に努めることで、より快適なオンラインショッピング体験を提供したいと考えています」と説明している。

最新ニュース