大阪府/運送事業者に環境配慮の取組や労務管理等でセミナー

2016年12月06日 

大阪府は12月14日、大阪府と包括連携協定を締結している損害保険ジャパン日本興亜との共催により、運送事業者を対象に、環境配慮の取組や労務管理等をテーマとする「ロジスティクスセミナー」を開催する。

第一部では、運送事業者の労務管理対応の専門家である気鋭の社会保険労務士・行政書士が、運送事業経営者に「運送業の実践的労務管理~労基法改正に伴う残業代の取扱(トラブル回避)」や「タイムリーな法改正のポイント」「労基署の監査対策」等についてわかりやすく説明する。

第二部では、グリーン経営認証制度の概要とエコドライブによるコスト削減、グリーン経営認証による売上・受注増加の効果について実例を交えて説明し、第三部では、少しでもドライバー不足を解消する手段としてLTD制度という新しい福利厚生制度を紹介する。

■開催概要
日時:12月14日(水) 14:00~17:00(受付13:30~)
場所:損害保険ジャパン日本興亜・道修町ビル6階会議室
大阪市中央区道修町3-4-10
対象:運送事業者
定員:120名(先着順)定員になり次第、締切り
参加費用:無料
主催:損害保険ジャパン日本興亜、大阪府
申込締切日:12月13日(火)

■詳細・申し込み
http://www.pref.osaka.lg.jp/annai/moyo/detail.php?recid=17046

■プログラム内容
第一部「軽井沢バス事故から考える運行管理」厳しくなる監査対策
瀧澤・佐藤事務所 
代表取締役 瀧澤 学氏

第二部「グリーン経営認証と経営課題解決」
SOMPOリスケアマネジメント
シニアコンサルタント 中島 宏氏

第三部「採用活動のアピール材料として!」LTD制度という新しい福利厚生制度を提案
マーシュジャパン 
久保田 剛平氏 

■問い合わせ
損害保険ジャパン日本興亜
関西第一業務部 八木・加藤
TEL:06-6449-1127    

最新ニュース