ヤマトHD/中国・広州市の国際物流業者に出資

2016年12月02日 

ヤマトホールディングスは12月2日、香港ヤマト運輸が、東アジア地域のフォワーディング・通関・保税倉庫・配送などの機能の更なる強化のため、2016 年11月30日に中国広州市を本拠地とする国際物流事業者広州威時沛運集団(WTD)に、出資することで合意したと発表した。

合意内容は、香港ヤマトが樟樹威馳および広州威馳から WTD 持分を4割弱取得する。その後、3年以内にヤマトグループが経営権を保有する。出資金額は非開示だ。

出資によりWTDが持つ機能を取得することで、ヤマトグループが持つ国際物流に関する機能をさらに強化し、日本‐中国、東南アジア‐中国、そして中国‐欧米などの世界各国との越境ECを始めとしたクロスボーダー輸送サービスの提供が可能になる。

さらに、広州を東アジアでの日本や欧米など各国との玄関口(ゲートウェイ)とすることで、陸・海・空の輸送手段を組み合わせ、アジア全域への本格的なクロスボーダー輸送サービスを提供していく。

今後もアジア各国でのネットワークの構築を加速させると同時に、ますます高まるアジアにおける物流ニーズに応える付加価値の高い物流サービスの提供を目指す。

広州威時沛運集団は、広州地域で20年以上の歴史を持つ、国際物流サービスを提供する事業者。特に広州においては通関件数・FWD 取扱高・保税倉庫面積・中国香港間のクロスボーダー陸運などに非常に高いシェアを持っている。

近年では越境 EC の市場拡大に伴い事業を拡大しており、航空会社を始めとした各関係者との長年築き上げたパートナーシップや、多様なライセンス・資格を保持している。

なお、ヤマトグループは、これまで FWD や各国でのロジスティクス、海外引越に関する生活支援サービスなどの事業をアジア各国で展開してきた。また、2000年から台湾、2010年にシンガポール・上海、2011年に香港・マレーシアで宅急便サービスを展開してきた。

そして、2016年には、マレーシアの GD Express Carrier Bhd.と資本・業務提携、タイでの SCG Cement-Building Materialsと宅急便サービスの合弁会社を設立、さらに東アジアから東南アジアの陸上輸送ネットワークを持つマレーシアの OTL グループを買収するなど、東アジアおよび東南アジアでのクロスボーダー・ネットワークの構築およびそれに関する各機能の強化を進めてきた。

その一環として、東アジア戦略において重点地域である華南地域でも、これまでアライアンス先の選定を行ってきたもの。

■概要
会社名:広州威時沛運集団
設立:2005年
※1995 年に現在の威時沛運貨運(広州)(WTD100%子会社)が事業を開始し、2005年に持株会社体制に移行
資本金:6000万 RMB(9億2800万円)
株主:樟樹市威馳投資管理中心94%、広州市威馳投資管理企業6%
所在地:中国広州市
売上高(連結):4億8200万RMB(約74億4500万円)2015年12月期
営業利益(連結):4200万 RMB(約6億5500万円) 2015年12月期
社員数:687人(2016年6月時点)
事業内容:通関関連業務、FWD 関連業務、陸運業務、越境 EC 関連業務 等

最新ニュース