GLP/GLP成田を82億円で売却

2016年12月01日 

グローバル・ロジスティック・プロパティーズ・リミテッド(GLP)は12月1日、「GLP成田」をプライベート・エクイティ・ファンドに売却すると発表した。

<GLP成田>
GLP成田

売却価格は82億円(約7200万米ドル)で、キャップレートは4.9%となっており、簿価に対して12%のプレミアムの上乗せとなる。千葉県下に立地する5万1000m2のこの物件の売買取引は今月中に完了する予定。

売却はGLPのキャピタル・リサイクル戦略に沿ったもの。

2012年度以降、日本での資産売却は48億米ドル(約5421億1200万円)となり、11億米ドル(約1242億3400万円)の実現利益を生んだ結果、マネジメント報酬と実績連動報酬を除くIRR(内部収益率)は13%となる。

グローバル・ロジスティック・プロパティーズの帖佐義之社長は「この取引は、キャピタル・リサイクル戦略に基づき、機会をうまく捉えてリターンを最大化した売却と言える。GLPのファンド・マネジメント・プラットフォームが拡大する中、日本はGLPにとって開発事業とファンド・マネジメント・プラットフォームを成長させる中核的なマーケットの一つです」と述べている。

最新ニュース