トヨタ自動車/大型トラックに燃料電池技術応用を検討

2016年11月18日 

トヨタ自動車は11月18日、米国・カリフォルニア州において、大型トラック(セミトレーラー・トラック)へ燃料電池を搭載するフィージビリティ・スタディ(技術・事業化調査)を進めていくと発表した。

<イメージ>
イメージ

走行中にCO2を一切排出しない「ゼロ・エミッション車」として、燃料電池自動車の「ミライ」を国内外で提供しているが、乗用車に加えて、大型トラックへの燃料電池技術の応用により、将来的には「貨物輸送におけるゼロ・エミッション」実現に貢献することを視野に入れ、調査を行っていく。

米国で公表した調査や水素社会の進展に関する詳細は、今後、プロジェクトの進捗に応じて順次公表していく。

最新ニュース