日本郵船/上海、大連の海事大学で78人に奨学金授与

2016年11月18日 

日本郵船は11月18日、11月に中国の大連海事大学と上海海事大学の学生計78人に奨学金を贈り、それぞれの大学で授与式を行ったと発表した。

<大連海事大学 前列中央日本郵船磯田裕治経営委員 前列左から4番目がDMU 潘新祥副校長>
大連海事大学 前列中央日本郵船磯田裕治経営委員 前列左から4番目がDMU 潘新祥副校長

大連海事大学での授与式は11月16日に行い、42人の生徒に「国際的な視野を持ち、社会的責任と知性ある若者に成長するように」との願いを込めて奨学金が授与された。式典には日本郵船から経営委員・中国総代表の磯田裕治、大学からは潘新祥(Pan Xinxiang)副校長らが出席した。

<上海海事大学 前列左から3番目磯田裕治経営委員、前列左から4番目がSMU 施欣副校長>
上海海事大学 前列左から3番目磯田裕治経営委員、前列左から4番目がSMU 施欣副校長

11月8日には上海海事大学で磯田経営委員が36人の学生に奨学金を授与した。式典で同大学の施欣(Shi Xin)副校長は景気や海運業界が厳しい中にあっても、日本郵船が長年支援してきたことに感謝の意を表した。

日本郵船は2001年から両校の学生に対する奨学金制度を継続しており、今回で授与した学生は延べ974人となる。

最新ニュース