プロロジス/圏央道つくば中央IC近くに物流施設2棟開発

2016年11月16日 

プロロジスは11月16日、茨城県つくば市に「プロロジスパークつくば」の開発を決定したと発表した。

<「プロロジスパークつくば」完成イメージ ドックシェルター付き冷凍冷蔵倉庫(左)、危険物倉庫併設(右)の場合のモデルプラン>
「プロロジスパークつくば」完成イメージ ドックシェルター付き冷凍冷蔵倉庫(左)、危険物倉庫併設(右)の場合のモデルプラン

プロロジスパークつくばは、約3万8000m2の敷地を二分割し、特定企業専用(BTS型)施設として2棟の開発を計画し、入居企業を募集する。

敷地利用計画と施設の設計は、入居企業の業態やニーズに合わせて行う。延床面積は、2棟合わせて3万8000~5万7000m2程度を想定し、1棟目は敷地面積についても全敷地での開発を含め入居企業の要望に対応する。

施設は2階建て~4階建て程度を想定し、ドライ倉庫以外に、ドックシェルター付きの冷凍冷蔵倉庫、危険物倉庫の併設、敷地内のトラック待機場など、多様な物流ニーズに応える。

圏央道沿いにおける新たなマーケットとして、圏央道つくば中央ICから約5㎞の地点に開発する。

北関東方面への配送に加えて、常磐道谷田部ICから約10㎞に立地するため、都心部へのアクセス利便性も高い。

2016年度中には、圏央道境古河IC~つくば中央IC間の開通が予定され、都心部から放射状にのびる東名・中央・関越・東北・常磐・東関東の6つの自動車道とつながる計画となっている。

都心部を経由することなく東西広域、東日本全域をカバーでき、広域戦略拠点として将来ポテンシャルの高いエリアとなっている。

開発地周辺には住宅地や大学・研究機関が立地し、働く世代の人口が多く、雇用確保にも有利な環境。

つくばエクスプレス線研究学園都市駅より約1.9㎞と近く、通勤利便性も高く、市街地に近い一方、工業団地に立地するため、24時間のオペレーションが可能だ。

■計画概要
名称:プロロジスパークつくば
所在地:茨城県つくば市東光台
敷地面積:約3万8000m2を二分割
延床面積(予定):2棟合計 約3万8000m2~5万7000m2
構造(予定):地上2~4階建
着工予定:2017年~
竣工予定:2018年~

最新ニュース