NTTロジスコ/「PRIDE指標2016」でゴールドを受賞

2016年11月15日 

NTTロジスコは11月14日、任意団体 work with Pride(wwP)が策定した、企業のLGBTなどの性的マイノリティー(LGBT)に関する取り組みの評価指標「PRIDE指標2016」においてゴールドを受賞したと発表した。

<PRIDE指標2016でゴールド>
PRIDE指標2016でゴールド

wwPが目指す「企業等の枠組みを超えてLGBTが働きやすい職場づくりを日本で実現する」を目的に策定された指標で、この指標に対する企業等の取り組み内容を募集、表彰するもので、今年から始まった取り組み。

「PRIDE指標」は5指標から構成されており、それぞれの要件に合致していれば1点が付与され、5点獲得企業・団体はゴールド、4点獲得企業・団体はシルバー、3点獲得企業・団体はブロンズとして表彰される。

5指標とは、Policy (行動宣言)、Representation (当事者コミュニティー)、Inspiration (啓発活動)、Development (人事制度・プログラム)、Engagement (社会貢献・渉外活動)。

NTTロジスコでは、さまざまなダイバーシティ推進に取り組んでいる。今後も性的指向や性自認に関わらず、誰もが自分らしく生き、働ける組織、社会の実現をめざして、多様性受容、能力の最大化に対する意欲の向上と効率的な働き方を可能とする環境づくりを推進していく。

最新ニュース