日新/4~9月の売上高6.6%減、営業利益16.8%減

2016年11月07日 

日新が11月7日に発表した2017年3月期第2四半期決算によると、売上高967億4400万円(前年同期比6.6%減)、営業利益23億4700万円(16.8%減)、経常利益25億3600万円(14.2%減)、当期利益17億9700万円(8.1%減)となった。

物流事業の売上高は672億2300万円(10.1%減)、営業利益は15億9000万円(29.0%減)となった。

日本では、海上貨物において、米州、アジア向けを中心に、自動車部品、完成車の輸出や食品関連貨物の輸入取り扱いは順調に推移したが、その他全般的な輸出入貨物の取扱い減少や、海上運賃の下落もあり、減収となった。

米州では、メキシコの自動車部品保管業務や自動車関連貨物の輸出入取扱いが好調に推移した。

通期は、売上高1950億円(3.3%減)、営業利益50億円(10.5%減)、経常利益52億円(11.7%減)、当期利益36億円(12.6%増)を見込んでいる。

最新ニュース