ニッコンHD/4~9月の売上高3.6%増、営業利益5.0%増

2016年11月07日 

ニッコンホールディングスが11月4日に発表した2017年3月期第2四半期の業績は、売上高は870億3900万円(前年同期比3.6%増)、営業利益86億6100万円(5.0%増)、経常利益90億7000万円(4.7%増)、当期利益58億400万円(2.5%増)となった。

運送事業は貨物取扱量が微増にとどまったことから、売上高は411億6100万円(0.4%増)、営業利益は、減価償却費の増加や輸送効率の低下などにより、17 億7000万円(22.5%減)となった。

倉庫事業は積極的な設備投資と営業活動を推進してきたが、売上高は129億9600万円(微減)にとどまり、営業利益は、保管効率の上昇などにより、30億3100万円(5.2%増)となった。

梱包事業は業務量の増加により、売上高は203億8600万円(9.9%増)となり、営業利益は、増収効果や業務の効率化などにより前年同期比31.0%増の18億2000万円(31.0%)となった。

通期は、売上高1850億円(6.3%増)、営業利益178億円(1.6%増)、経常利益188億円(2.0%増)、当期利益122億円(2.7%増)を見込んでいる。

最新ニュース