澁澤倉庫/4~9月の売上高0.9%増、営業利益30.8%増

2016年11月07日 

澁澤倉庫が11月7日に発表した2017年3月期第2四半期の業績は、売上高291億8600万円(前年同期比0.9%増)、営業利益18億1600万円(30.8%増)、経常利益18億900万円(32.9%増)、当期利益12億1000万円(42.0%増)となった。

倉庫業務は、日用品や新規拠点の本格稼働に伴う飲料の取扱いが増加したことにより、売上高は62億9100万円(17.7%増)となった。

港湾運送業務は、輸出入貨物の取扱いは堅調であったものの、船内荷役の取扱いが低調となり、売上高は27億4600万円(0.7%減)となった。

陸上運送業務は、日用品などの輸配送業務が伸長し、売上高は147億3200万円(1.6%増)となった。

国際輸送業務は、航空貨物の取扱いは輸入を中心に増加したものの、国際一貫輸送業務が低調に推移し、売上高は16億2200万円(10.1%減)となった。

その他の物流業務は、物流施設賃貸の新規取引開始はあったものの、前期にあったテナント仕様への追加工事に伴う付加賃料の一括収受がなくなったことにより、売上高は9億7400万円(39.2%減)となった。

通期は、売上高587億円(3.4%増)、営業利益31億円(11.9%増)、経常利益29億4000万円(8.3%増)、当期利益19億2000万円(14.2%増)を見込んでいる。

最新ニュース