ECロボ/通販物流や企業物流業務を仲介サービス

2016年06月28日 

ECロボは7月30日、B2CやB2Bの企業物流やロジスティクス業務のクラウドソーシングサービス「物流の窓口:クラウドロジスティクスECx」の利用者の募集を開始する。

<物流の窓口:クラウドロジスティクスECx>
物流の窓口:クラウドロジスティクスECx

物流の窓口Ecxは、倉庫運営会社や発送代行会社の遊休スペースや人材などのリソースをクラウドソーシングを活用して仲介するサービス。

マッチングした会社にはクラウドWMSを提供する。

物流の窓口ECxは、遊休リソース(スペース・人材)を所有する倉庫運営会社(物流会社、倉庫会社、発送代行)に無料で登録し、荷主企業が登録した物流案件に対してWeb上で物流コンペを開催する。

倉庫運営会社は、あらかじめ見積マスターを窓口ECxに登録しておくことで簡単に物流コンペに入札できる。

選定方式は、1次選定、2次選定の2段階方式で、1次選定は、お互い匿名で物流コンペが開催できる。

荷主企業は、各社の見積と会社規模や受注実績を評価して1次選定をWeb上から実施し、1次選定に合格した会社、不合格な会社に対しては、メールで結果が配信される。

また、1次選定合格会社には、お互い会社情報、連絡先が開示され2次選定に向けた商談が直接開催されます。2次選定(最終選定)もWeb上から行える。

ECロボは、5月から倉庫募集を開始して現在、30社の登録がされており、100社まで登録を増やしてから案件を広告などで募集していく。

本年中に倉庫会社300社、登録案件300を目標に事業展開する。

■物流の窓口Ecx
http://www.crowd-logistics.com

■問い合わせ
ECロボ 
Platform事業部
東京都港区麻布台1-9-10 飯倉ITビル5F
TEL:03-4431-1337

最新ニュース