日立物流/茨城県内に水戸プラットフォームセンターを開設

2016年05月10日 

日立物流は5月10日、茨城県内に「水戸プラットフォームセンター(I期)」を5月に開設したと発表した。

<右側の建物がI期、左側がII期>
右側の建物がI期、左側がII期

3層からなる高床倉庫と天井クレーン3基を備えた低床倉庫で構成している。

常磐自動車道の那珂IC、常陸那珂港、茨城空港へのアクセスもよく、保税蔵置場として輸出入貨物の取り扱いも可能であることから陸・海・空全ての輸送手段を駆使し、国内はもとより、海外への発送にも対応する。

高床倉庫の一部に空調設備を導入しており、温度管理が求められる高付加価値商品の保管にも適している。

日立物流グループは「水戸・日立地区におけるプラットフォームセンター」と位置付け、顧客に物流拠点集約による一括管理やミルクランによる効率化等を提案し、グローバルサプライチェーンにおいて最も選ばれるソリューションプロバイダを目指す。

■概要
名称:日立物流東日本 水戸プラットフォームセンター
所在地:茨城県ひたちなか市稲田1096-34
アクセス:常磐自動車道:那珂IC より約7km、常陸那珂港より約10Km
建屋仕様:高床倉庫・事務所:柱RC 造+梁鉄骨造4 階建
     クレーン倉庫:鉄骨造平屋
敷地面積:約2万7100m2
延床面積:約2万5500m2(I期・II期 合計)
 I期 クレーン倉庫:約4670m2、高床倉庫:約1万5480m2
 II期 クレーン倉庫:約5380m2
主要設備:空調設備、天井クレーン(5t、15t)
主な取扱商品:電気機械器具等
稼働時期:I期2016年5月、II期2017年4月(予定)

最新ニュース