英トーマス・クック航空/機内免税品を事前オーダー、離陸前に座席へ

2016年04月27日 

英国トーマス・クック航空はこのほど、 マンハッタン・アソシエイツのソフトウェアの導入を完了し、事前にオンラインでオーダーされた機内免税品をフライトの離陸前に座席まで届ける新サービスを開始した。

トーマス・クック航空は、旅行代理店を中心とした英国トーマス・クック・グループに属する、チャーター便を提供する国際的な航空会社。

同社では、業務効率化を目的にManhattan SCALEの採用を決定し、ソリューションの導入は、マンハッタン、トーマス・クック、並びにマンハッタンの北欧地域の代理店であるIdnet社との共同チームにより進めらした。

トーマス・クック航空の配送センター(スウェーデン・ルンド市)で製品担当コーディネーターを務める Monika Krol氏は「私たちが最も重視するのは、お客様に対して一年を通して継続的に付加価値と柔軟性を提供していくことです。将来に渡ってお客様のご要望に応えていくためには、私たち自身がチャレンジとイノベーションを起こし続けなければいけません。Manhattan SCALE は、こうした私たちのゴール達成を支えてくれるソリューションであり、その市場をリードするサプライチェーン管理の機能が、私たちのフルフィルメント業務に効率性と正確性をもたらしてくれるのです」と述べている。

マンハッタン・アソシエイツのMartin Lockwoodシニア・ディレクターは「マンハッタンがオンライン販売の市場においても数多くの実績を持ち、代表的ブランドとして評価を与えられていることは、トーマス・クック航空がソリューション選定をする上での大きな判断要因となった。私たちの技術をサプライチェーンのプラットフォームという形で提供することで、トーマス・クック航空の継続的な成長と成功に寄与できることを、心から嬉しく思っています」と述べている。

最新ニュース