レッドウッド/埼玉県加須市で3万3700m2の物流施設を着工

2016年03月31日 

レッドウッドグループは3月30日、埼玉県加須市の東北自動車道加須ICから約3.4㎞の工業団地に最新鋭の物流施設「レッドウッド加須ディストリビューションセンター」を着工した。

<レッドウッド加須ディストリビューションセンター>
レッドウッド加須ディストリビューションセンター

東北自動車道加須ICを介し、埼玉県内の消費地はじめ東京都心への好アクセスが可能な内陸物流拠点。

2015年10月に圏央道桶川北本IC~白岡菖蒲IC間が開通し、主要高速道路5路線へのアクセスが容易になり、首都圏での広範囲の配送が可能となっている。

4階建で延床面積は約3万3700m2のマルチテナント型の物流施設で、屋根面に太陽光発電システムやさまざまな省エネルギー設備を設置し環境に配慮した設計。2017年1月の竣工を目指す。

■レッドウッド加須ディストリビューションセンターの概要
住所:埼玉県加須市花崎5-31-1
敷地面積:約1万6500m2
延床面積:約3万3700m2
構造:地上4階建、RC造・梁S造

最新ニュース