JFEスチール/外航船による鋼材輸送の配船費用処理システム構築

2016年01月21日 

JFEスチールは1月21日、外航船による鋼材輸送の「輸出配船支援システム」が稼働した。

<輸出配船支援システム概念図>
輸出配船支援システム概念図

システムの稼働により、顧客との間の配船費用処理を遅滞無く効率的に進めることが可能となった。

配船費用処理業務について、システムを活用して処理を行うことは、国内の鉄鋼業界では初めての試み。

外航船の鋼材輸送では、期間や数量などの条件をあらかじめ定めた上で船積みを行うが、実際には、天候不順や荷揃え状況によって、当初の条件どおりにならないケースが多く発生する。

その際、早出滞船料など配船費用を事後に精算することとなるが、従来は書面で処理を行っていたため、社内外の関係者確認や進捗確認の負荷が大きく、グローバルマーケットへの対応の必要から輸出量が拡大する中で、効率的かつ迅速な処理が課題となっていた。

同社では、「輸出配船支援システム」を昨年12月に立ち上げ、クラウドサービスを最大限活用することで、商社や船会社を含む社内外の関係者がリアルタイムに連携して費用処理を行うことで、処理にかかる期間を半減した。

処理遅延を防止するためのステータス管理機能を有することで、進捗状況を容易に把握できるようになった。

最新ニュース