ヤマトHD/9万m2の関西ゲートウェイ、2017年11月稼働

2015年12月11日 

ヤマトホールディングスは12月11日、大阪府茨木市に関西圏ではヤマトグループ最大級の総合物流ターミナルとなる「関西ゲートウェイ」(関西GW)を2017年11月(予定)に稼働すると発表した。

<関西ゲートウェイの外観イメージ>
関西ゲートウェイの外観イメージ

4階建て、延床面積9万m2の物流施設を大和ハウス工業が建設し、定期建物賃貸借契約により賃貸借する。

関西GWには、ヤマトグループ12社が入居し、各社が持つ付加価値機能とスピード輸送ネットワークを一体化した「止めない物流」を展開する。

厚木GW、来年10月稼働予定の中部GWに、関西GWが稼働することで、関東・中部・関西の主要都市間での当日配送を実現する。

自動化や輸送の効率化によるコスト低減と省力化を実現し、労働人口の減少といった新たな課題にも対応する。

注文した商品をより早く受け取りたいという消費者のニーズ、企業間の物流(BtoB)に応えるため、グループは、主要都市圏(関東・中部・関西)の玄関口に最新鋭の仕分け機器とグループ各社の付加価値機能を備えた総合物流ターミナル「ゲートウェイ」の建設を進めている。

■関西GWの施設概要
名称:関西ゲートウェイ
所在地:大阪府茨木市松下町1-1
延床面積:約9万486m2
構造:鉄骨造6階建(倉庫4階、事務所5階)
事業主:大和ハウス工業
設計/施工者 フジタ
入居会社:ヤマト運輸・ヤマトグローバルエキスプレス・ヤマトロジスティクス・ヤ マトマルチメンテナンスソリューションズ・ヤマト包装技術研究所・ヤマ トシステム開発・ヤマトフィナンシャル・ヤマトリース・ヤマトオートワ ークス・ヤマトボックスチャーター・ヤマトマルチチャーター・ヤマトス タッフサプライ (12社)

最新ニュース