日通/三菱重工のMRJ用パーツセンター、小牧市に3万m2の倉庫着工

2015年11月26日 

日本通運は11月26日、三菱航空機が開発し、三菱重工業が製造する次世代のリージョナルジェット機であるMRJの量産に向けたパーツセンター業務のため、11月10日から愛知県小牧市に新倉庫の建設を開始したと発表した。

<パース図>
パース図

新倉庫は、約100万点におよぶ部品の大半を一か所で集中管理する。運用は2017年1月の予定。

拠点間の部品移動などの間接費用を削減。最終組み立て工場まで6㎞の立地を活かし、多頻度納品を実現し、工場の在庫を最小化する。

部品の調達から生産ライン投入までの輸送履歴を管理できるコントロールセンターを設置し、徹底した部品管理の「見える化」を目指す。

■施設概要
名称:(仮称)日通小牧GLC(グローバルロジスティクスセンター)
所在地:愛知県小牧市新小木2 1
敷地面積:19,740.6m2
構造:鉄骨造 倉庫棟4階建、事務所2階建
建築面積:8,830.8m2
延床面積:倉庫棟30,109.2m2、事務所1,069.2
主要設備:貨物用EV3基、バーチレーター2基、オートレーター2基、非常用発電設備
施工業者:清水建設

最新ニュース