GLプロパティーズ/ 独自の免震構造システム、特許を取得

2012年04月03日 

GLプロパティーズは4月3日、免震物流施設の建設で、大幅なコストダウンの実現を可能とする独自の免震構造システム「GLPパイルキャップ免震工法」を開発し特許を取得したと発表した。

<GLPパイルキャップ免震工法が採用されるGLP三郷Ⅲ完成イメージ>

GLPパイルキャップ免震工法は、免震装置と、独自の杭頭半剛接合工法を採用した扁平基礎梁を組合せることで、在来の免震工法よりも安価に、高い免震効果を得ることを可能にするもの。

杭と基礎とを繋ぐ鉄筋の本数、径、配置位置を制御することにより、杭と基礎の固定度合いを調整し、発生する曲げモーメントをコントロールするという、極めて高度な手法を採用している。

杭頭の半剛接合部が、大きな地震時に軟弱地盤で発生する地盤の挙動による圧力を効率良く吸収し、大きな地震力が建物の基礎に伝わることが防げるため、通常の免震工法の基礎に比べ、極めて簡略化した基礎でも大きな地震に耐えることができる。

軟弱地盤では通常必要な、サンドコンパクション等の地盤改良工事も不要になる。これらの効果により、通常の免震工法と比べ基礎工事費の約30%、全体工事費では約5%の削減を実現している。

現在開発中のGLP三郷Ⅲプロジェクト(埼玉県三郷市、2013年5月末竣工予定)に採用する。

最新ニュース